トイレを綺麗に保つためのコツ

トイレというのは、普段良く利用するものですし、なるべく綺麗な状態を保ちたいものです。こまめに掃除するのも大切ですが、なかなかそうはいかない事も多いと思います。一番楽なのは、市販されている商品を利用する事です。ブルーレットなどに代表されるように、トイレの水が出る所に洗剤を置き、水を流すたびに勝手に汚れを落としてくれる商品が一番楽です。これを置いておくだけでも、綺麗な状態が長持ちします。トイレで一番汚れが付く場所というのは、水がたまっている縁の部分です。ここに黒ずみがリングのように貯まる事が多いと思います。一度これが付いてしまうと、なかなか擦ったりしても汚れが落ちない事が多いです。そういう場合には、それを落とす用の洗剤を使うのが一番楽です。色々でていますが、洗剤を入れて数時間放置するだけで、綺麗に汚れを落とす事が出来ます。現在では色々な便利な商品が出ているので、どんどんと活用して楽に綺麗な状態を保つことが出来ます。
トイレつまり

トイレつまりの原因を知って慌てないようにしましょう

トイレがつまったというと、すっぽんが登場するというのが昔の絵柄です。しかし、最近のおしゃれなインテリには合いませんね。家にないという方も多いのではないでしょうか。トイレつまりで床が水浸しになってしまっては大変です。慌てて業者を呼ぶと、水周りのトラブルは思った以上の金額を請求されることもあります。緊急で仕方がなかった場合はどうしようもありませんが、中には前触れのあるトラブルもありますので、何もなくても知識として頭に入れておくと安心です。まず、つまりの原因になる水に溶けないものを流してしまったという場合。また、水に溶けるトイレットペーパーでも、大量に流すとつまることがあります。また、節水対策として、タンク内にペットボトルを入れる方法が知られていますが、これは意外と危険です。タンク内の水の量が少なくなってしまうことで、必要な水量の調節が出来なくなってしまって思わぬトラブルを引き起こすことがあるのです。節約のつもりが、トラブル解決のためにお金がかかっては元も子もありません。また、便器内の水の量や流れる時の音にも日頃から注意を向けておきましょう。水の量が多くても、少なくても何らかの問題が起こっているケースが多いのです。清潔な生活を支えるトイレを大切に使いましょう。やはりトイレ詰まりは業者に依頼することが必要なのかも知れません。

ホームセンターで好みの蛇口を買ってきて自分で交換する

家の中をオシャレにするには、家具を変えたり、壁紙を変えたりするのも良いですが、キッチン・バスルーム・洗面所などは蛇口を交換するのもひとつの方法です。蛇口といってまずイメージするのが、銀色のパイプに十字のハンドルが付いたものです。このタイプの物は単水栓といってシンプルな作りのためとても耐久性の良い物ですが、見た目はあまりオシャレとは言えません。もし、家のキッチン・バスルーム・洗面所などに単水栓が使われていたらレバー式やハンドル式の蛇口に変えてみると良いでしょう。レバー式の蛇口はキッチンなど水を出したり止めたりする動作を繰り返して行なう場所に適しています。特に手の平や手の甲でレバーを上げ下げするだけで操作ができるので、鍋を持ったまま、包丁を握ったまま操作できるのが便利です。一方、ハンドル式の蛇口はワンホールとツーホールを選ぶことができます。ワンホールは水だけですが、ツーホールなら水とお湯を同時に供給することができます。ハンドル式はバスルームや洗面所などお湯を使う場所に設置すると便利です。蛇口交換は業者に依頼することも可能ですが、単水栓をレバー式またはワンホールのハンドル式に交換するのなら自分でもできます。ホームセンターの水回りコーナーに行けば沢山の蛇口があるので好みの物を選んで取り付けることができます。

蛇口のぽたぽた漏れは自分で直せる

ある朝洗面台の蛇口を見ると、ぽたぽた水がたれていた・・・こんなときあなたならどうしますか。急いで専門業者さんを呼びますか。ちょっと待ってください。実はこの程度の修理なら、ちょっとDIY精神を発揮すれば自分で出来てしまうんです。まず外の水道メーターの近くにある元栓を回して水道を止めます。こうしておけばどんな作業もまずは安心です。次に蛇口をよく眺め、どこから水が漏れているのか確認しましょう。もしも蛇口の口の部分からぽたぽたたれている場合は内部にあるコマパッキンが老化している可能性があります。あるいはハンドルの付け根から漏れる場合は、三角パッキンという部品の劣化の可能性があります。いずれかしっかり見極めたら、急いでホームセンターに行き、お宅の蛇口の型に合ったそれぞれの部品を購入します。コマパッキンの場合はハンドルの下についているカバーナットの部分を外し、ハンドルを左に廻せばハンドルは外れます。コマパッキンはその下についていますから新しいものと交換します。あるいは三角パッキンの場合はハンドルの上についているねじを廻してハンドルを外し、その下のカバーナットを外したら、出てきた三角パッキンを新しいものと交換するだけです。あとは元栓を開いて確認します。こんなに簡単な作業でも専門業者に依頼すると5,000円はするのですからあなどれません。賢い主婦は自分で直してDIYとエコライフを満喫しましょう。

家庭内の水漏れ対策について

私たちの暮らしの中でとても役に立っているものとしてトイレや台所、風呂といったものがありますが、こうしたものの問題点の一つとして水漏れがあります。一般的に水漏れは、もともと製品に構造上の欠陥があったり、長い使用期間が理由で部品が劣化して亀裂や傷が入ったりすることで起こります。多くの水漏れの場合は通常後者であることが多いといえます。水漏れを防ぐためには、私たちが日ごろから家庭製品を大切に扱い、毎日どこか不具合や損傷が無いかを確認しながら使用するということが大切ではありますが、長く使用する上でやむを得ない現象の一つとして考えられるのではないでしょうか。現在では、水漏れが起こらないようにあらかじめ設計されている家庭製品も販売されるようになってきています。しかし、こうした製品を新たに購入するためには高額になってしまったり、水漏れ以外の機能には全く問題が無かったりする場合などは、結局は自分で部品を買ってきて修理をしたり、水周りの点検・修理を行う地域の業者にお願いするといったことが多いのではないでしょうか。水漏れが発生した場合は、生活上の快適さの低下や製品のこれ以上の劣化を防ぐために迅速に対処することが求められるため、水漏れ防止器具を扱っているホームセンターに問い合わせたり、修理費用の見積もりが明確で、かつ信頼できる業者に依頼することが勧められます。